投稿日:

便秘のときって何を食べればいいの?便秘対策でおすすめの食事法!

何日も続いてしまう便秘はお腹も張って苦しいもの、何か特別なことをするよりも、毎日の食事のなかで治したいものです。

食材や調理法に気を付けるだけで便秘を改善する方法を紹介します。

便秘でおすすめの食べ物

便秘解消に即効性が期待されるのが、生で食べられるものです。

野菜でも果物でも、調理をせずに食べられるものであれば、水分やビタミンも飛ぶ心配がなく、さらに食べたものの分解を助ける酵素も多く含んだ状態です。

食事に生で食べられるものを加え、お腹を冷やさないように温かい食べ物も同時に摂るようにしましょう。

食物繊維の選び方

便秘には食物繊維が効くとされていますが、一言に食物繊維といっても食物繊維には水溶性と不溶性の2つの種類があります。

水溶性は溶けていくので便秘にはいいですが、不溶性のものは便を硬くするので弛緩性の便秘の方以外は避けることをオススメします。

水溶性食物繊維をもっている食材はりんごやみかん。人参、キャベツ、トマトや寒天や海藻類には水溶性食物繊維が豊富に含まれているので摂るようにしましょう。

不溶性食物繊維をもつ食材は大豆やイモ類、ごぼうなどの根菜類とキノコ類や穀物といった繊維質のものが多いです。

弛緩性便秘の方や、下痢になってしまうことが多い方は不溶性食物繊維をもつ食材を多く摂ることをオススメします。

乳酸菌の選び方

乳酸菌には、腸内の悪玉菌を抑え善玉菌を増やすという効果があります。
キムチやチーズ、納豆、ヨーグルトなど発酵食品を摂りましょう。

特にビフィズス菌を含んだヨーグルトは腸内を整える作用が期待できるのでオススメです。

ですが一気に乳製品を多くとるとお腹が痛くなってしまう可能性もあるので、長い期間にわけて少しずつ摂っていくようにしましょう。

植物性油には様々な美容効果が期待されますが、中でも便秘解消に効果が期待できるのがオリーブオイルです。

腸内の動きがもっとも活発であるとされる朝に、キャベツやトマトといった食物繊維のもののサラダと一緒に大さじ1杯程度をかけて摂るのがオススメです。

便秘解消に効く水やお茶などを一緒に摂りながら健康な腸内を取り戻しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です