投稿日:

腸内を活性化!善玉菌を増やす食生活と生活習慣

ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、腸内の働きを活性化させ便通を促進させる役割があります。
また、便と一緒に体内の有害物質を排出させる作用もあるので、人間にとって嬉しい細菌です。

善玉菌が増えることで腸内がきれいになると、腸内の状態が良くなります。
善玉菌が優位な状態だと、ますます腸内環境は良くとなる、という好循環を生み出すのです。

しかし、自然に腸の状態が良くなるわけではありません。
ここでは、善玉菌を増やす食生活と生活習慣のコツをまとめました。

腸内を活性化させる食生活と生活習慣

腸の働きを促進させるためには、食生活や生活習慣を整えることが大切です。

いくら栄養があると言われている食べ物でも、脂肪分が多く含まれているものはNG。
同じ腸内の菌である悪玉菌を繁殖させる手助けとなり、善玉菌の増加を妨げることになります。

どのような食べ物がいいかというと、乳酸菌・食物繊維・オリゴ糖がおすすめです。

乳酸菌

必要なのは乳酸菌、ビフィズス菌が含まれた発酵食品、乳製品を摂取する必要があります。

乳酸菌を多く含む食べ物が摂れないなら、乳酸菌サプリメントを利用するというのも一つの手。
ご自身の生活習慣に合わせて、必要な乳酸菌食品を取り入れてみるのがいいでしょう。

参考:http://nyusankin-tyoubikatu.com/

食物繊維

食物繊維が多く含まれた食べ物は、便通を良くし善玉菌の増加を手助けします。

  • 干ししいたけ
  • 切り干し大根
  • ごぼう
  • こんにゃく

などが多くの食物繊維が含まれているので、積極的に日々の食事に摂取することが大切です。

また、善玉菌の栄養源となるオリゴ糖もおすすめ。オリゴ糖は腸内の乳酸菌やビフィズス菌のエサになる働きがあり、腸内環境を整えてくれます。

  • ごぼう
  • 玉ねぎ
  • アスパラガス

などは、オリゴ糖が多く含まれた代表的な食べ物です。

日常生活を見直す

食生活だけでなく日々の生活習慣の見直しも大切です。

ストレスがたまる・不規則な生活による睡眠不足といった生活を送ると、人間の生活リズムを司る自律神経の働きに狂いが生じてしまいます。
その結果、腸にも悪影響を及ぼし善玉菌の増加を妨げることになってしまうのです。

十分な睡眠とストレスをためない規則正しい生活を送ることによって、自律神経を安定させ腸内の活動に悪影響を与えないことが大事です。

適度な運動で汗をかく、趣味などでストレスを発散させ、深い眠りにつけるような日々の生活習慣を心がけることによって善玉菌を増やす手助けになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です