投稿日:

まずは生活習慣の改善を!慢性便秘を解消する方法

慢性便秘は機能性便秘とも呼ばれ、一般的な便秘のことを指します。

大腸の機能の低下や、日常生活や食生活が原因によるものです。
慢性便秘の最大の特徴は、病気に由来するものではないということです。

慢性便秘の種類

弛緩性便秘

慢性便秘は3つの種類に分けられます。ひとつめは、もっとも代表的な弛緩性便秘です。

直接的な原因は、大腸の筋肉のゆるみで、便を押し出す力が弱くなることによって便秘になってしまうものです。

女性や高齢者によくみられる症状です。
また、無理なダイエットにより筋力が落ちてしまうことも原因のひとつに考えられます。

ころころとした便になったり、お腹が張ったり、肌荒れを起こしたりします。

痙攣性(けいれんせい)便秘

ふたつめは、自律神経の乱れが原因の痙攣性便秘です。

大腸の筋肉が激しく動き過ぎることで、痙攣したようになってしまいます。

主な原因としては、精神的なストレスや生活環境によるものです。

痙攣性便秘の最大の特徴は、便秘と下痢を交互に繰り返してしまうことです。その際に下腹部の痛みを伴います。

直腸性便秘

最後は直腸性便秘で、習慣性便秘ともいわれます。

日常的に排便を我慢してしまうことで起こります。大腸には問題ありませんが、肛門付近に問題があり排便できない状態になることが多いです。

症状としては、便意をあまり感じなかったり、便が非常に硬くなり排便時に痛みや違和感を感じます。

慢性便秘の解決方法

このように一口に慢性便秘といっても種類や症状は様々です。

慢性便秘の解決方法として共通するのは、日常生活と深くかかわる便秘ですから生活習慣の改善をすることです。

規則正しい生活や、バランスの良い食生活を心がけ、適度な運動をすることが重要です。

加えて人間の体は繊細ですから、ストレスをためないようにリラックスして過ごせるようにし、自律神経を整えるようにします。

このことを常に頭に入れておき、無理なダイエットはやめ、普段の生活の中で水分を十分にとるようにしながら、ゆったりとした気持ちで排便できる時間を毎日とるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です